産廃の処理方法|産廃処理の効率を上げてくれる便利な機器があります
作業者

産廃処理の効率を上げてくれる便利な機器があります

産廃の処理方法

ヘルメット

産廃の処理は専門業者に依頼する

企業から排出した廃棄物は決められた通りに処理しなければいけません。専門の処理業者に依頼すると最も確実に処分できます。処理業者は依頼の有った企業から廃棄物を引き取ります。処理場に持ち込まれた産廃は、まず品目別に選別処理が行われます。この選別処理は資源の有効活用において大切な作業となります。次に選別された産廃を破砕します。この破砕などの中間処理を行うには、許可が必要な場合と必要ではない場合があります。他社が排出した産廃の処理には許可が必要となります。しかし自社が排出した産廃の処理には許可は必要ありません。しかし下請け業者などが排出した廃棄物は判断が難しい為注意して処理することが必要です。また自社が出した廃棄物の処理の場合でも特定施設に該当すれば許可が必要となります。

破砕処理にはいくつものメリットがある

産廃の中間処理にあたる破砕には様々なメリットがあります。破砕を行うことにより廃棄物の量を小さくできますので、その後の保管や運搬などの処理工程が非常にやりやすくなります。また情報が含まれている廃棄物に対しては、破砕により情報を読み取れなくしてしまいますのでセキュリティの面でも安心できます。破砕処理と選別処理を組み合わせることにより産廃の減量化、再資源化が促され、リサイクルへの有効利用率が向上します。産廃を破砕するには専用の機械が廃棄物ごとにいくつもあります。このようにいくつにも細かく分けられている為、破砕後に再利用するにも様々な用途に活かせられる点が破砕処理の特徴です。また産廃処理は他の処理方法と比較しても、費用が抑えられるといったメリットもありますのでよく利用されています。